FC2ブログ

ウォーターセラピーの現場から

ウォーターセラピーは、問題解決の有効な手法の一つです。 ここでは、どのような問題がどう解決して行ったのか、実際にあった出来事を元にエピソード風にご紹介して行きます。尚、登場人物の名前は全て仮名です。


受験対策水

受験シーズンになると、「集中力が保てるように」とか「体調を崩さないように」、あるいは「本番で力を出し切れるように」という意味で、「受験対策の水を作って欲しい」という依頼を受ける事があります。

もちろん、直接的な依頼者は受験生を持つ親御さんという事になるのですが、私たちはご本人の希望が無ければレメディは作成しない方針を取っているので、やはり受験生本人にも、少なからず同じようなリクエストがあるという事になります。

今のところ嬉しい報告しか聞いた覚えがありませんが、せっかくなので、例年測定して来て感じる点を、以下にメモしておきたいと思います。

まず、反応ポイントとして高い比率が見られるのは、やはりメンタル面だという事です。当日力を出し切れるか?体調を崩したりしないだろうか?ということも含め、受験に臨む立場としては、心が揺れる場面が多いのでしょう。反応ポイントに基づいでレメディを作成すると、実際に心も落ち着くようで、「普段通りの感じで臨めた」という感想をよくお聞きします。

もう一つは、首から背中にかけての神経系が反応する事が多いということです。受験生に限らず、デスクワークで集中を要する人のほとんどが、首肩の神経系のバランスを崩しています。簡単に言えば凝っているということです。

意識的に首や肩を動かすのも効果的ですが、無意識レベルの緊張までほぐすのは結構難しいものです。そういう時に、ウォーターレメディが役立ちます。レメディが行なっているのは、水を媒体とした情報による刺激で様々なレベルの詰まりを無くし、流れをよくする事なのです。

マッサージや運動では取り切れない凝りや詰まりが比較的簡単にほぐれるのは、我々の体の6割前後が水であることと無関係ではありません。ごく微細なものでも、適切な刺激があれば、コリや詰まりは解れる性質があるのです。

受験生の立場になれば、おそらく、お守りのような意味合いでレメディを活用している面が大きいのではないかと思いますが、飲む事で安心できる感覚が生じるのあれば、実際に役立っているという事になります。

「平常心で受験に臨みたい」と思う受験生と、そのご家族の希望があれば、喜んでサポートさせていただきますので、どうぞお気軽にご相談ください。

タグ : 心の安定 

トラックバック

トラックバックURL
http://kibijin129.blog6.fc2.com/tb.php/96-df3c1868




Copyright ©ウォーターセラピーの現場から. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.