ウォーターセラピーの現場から

ウォーターセラピーは、問題解決の有効な手法の一つです。 ここでは、どのような問題がどう解決して行ったのか、実際にあった出来事を元にエピソード風にご紹介して行きます。尚、登場人物の名前は全て仮名です。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラックバック

トラックバックURL
http://kibijin129.blog6.fc2.com/tb.php/89-c69aede0


子宮筋腫の縮小

九州の日比野さんは、過去にも何度か写真での測定をした事がある方ですが、6月に数年ぶりに申込みがあった時の相談内容は、おおよそ以下のようなものでした。

・子宮筋腫と胸のしこり
・パートナーに対しての疑いの気持ちとイライラ
・膝から足首辺りがムズムズして寝付けない事がある

測定の結果、「パニック」「プレッシャー」「寂しさ」「悲しみ」などの感情面を中心に、「ホルモンバランス」や「自律神経系」のバランスにも乱れが見られたので、それらを整えるレメディを作成しました。同時に、少しからだを動かすよう心がけると回復がより早くなるとアドバイスさせて頂きました。

2ヶ月余り経過したある日、「すごく良くなったのですが、最近効きが良くない気がしています。新しいお水が必要かなと思いました」と連絡があり、以下のような報告が添えられていました。

・子宮筋腫が5センチから3センチ台になっていました。
・その関係で、半年毎の経過観察も1年毎で良いという事になりました。
・寝るときの足のムズムズ感も気付けばなくなっています。
・前向きになって、運動など体を動かすことも苦にならなくなり痩せてきました。
・感情も以前よりはかなり安定してきました。気づきもかなりありました。

ただし、まだ完全にはスッキリしていない面もあるので、引き続き新しいレメディを作成する事になりました。ウォーターレメディの飲用で子宮筋腫が小さくなった(あるいは消えた)というケースはよく耳にするのですが、セッションの現場では口頭で伝えられる事が殆どなので、中々文章にまとめる機会が取れずにいました。

そういう意味で、今回の日比野さんからの報告は大変ありがたく、同じ症状を持つ多くの女性に希望を与えるものだと思います。また、上記の通り、様々な形で現れている症状は、それぞれリンクしており、単独で存在しているものではありません。実際、感情面のバランスが整うと、今回のように全体的に問題が解決方向に向かうケースが良く見受けられます。

ちなみに、一定期間ウォーターレメディを飲用すると、段々変化を感じなくなるのは一般的な現象で、飲用によって調整が進み、ある段階まで整ったことを意味します。従って、日比野さんのように体感的に分かる場合はそのタイミングで、そうでない方も、2、3ヶ月を目安に、新しい情報のものに作り直す事をお薦めしています。

トラックバック

トラックバックURL
http://kibijin129.blog6.fc2.com/tb.php/89-c69aede0




Copyright ©ウォーターセラピーの現場から. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。