ウォーターセラピーの現場から

ウォーターセラピーは、問題解決の有効な手法の一つです。 ここでは、どのような問題がどう解決して行ったのか、実際にあった出来事を元にエピソード風にご紹介して行きます。尚、登場人物の名前は全て仮名です。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラックバック

トラックバックURL
http://kibijin129.blog6.fc2.com/tb.php/88-be141078


長年のむくみが3日で解消 

上田さんが来所されたのは3月末で、主な相談内容は以下の2点でした。
・人前で話す時にとても緊張する(昔からだがここ最近特に)
・8年くらい前から足のむくみがひどく何とかしたい

フォーカスコースでのお申込みだったので、最初に全体のバランスを見て、その後、「足のむくみの解消」に関するコードを導いて関連コードを調べるという手順で測定を行いました。

全体バランスの中で「深い悲しみ」「否定的」「非常な恐怖」など感情面が多く反応し、主にメンタル面のトラウマ的な影響が強く働いて「人前で話す時の緊張」が起こる可能性が示唆されました。当然、ある問題は他の問題とも連動しているので、それらの感情(の記憶)は「足のむくみ」にも影響していると思われましたが、むくみに関しては、もう一つ別なアプローチも試みました。

詳しい手順は省略しますが、まずある方法でコードを作成し、そのコードをガイドにしながら関連項目を探すというやり方です。ここで反応したのは、前半の方法とはまた別な系統の感情面のほか、腰回りの神経系、(ある種の霊的な)エネルギー場等に関するものでした。

導かれた情報をもとにレメディを作成したのはもちろんですが、「足のむくみ」に関しては、誰にでも役立つ方法として、「足首を大きく回す」「前後屈や捻りなどのストレッチで腰回りをよくほぐす」という運動を、意識的に行うようアドバイスさせて頂きました。

5月中旬、2回目のセッションにいらした上田さんは、レメディ飲用後の変化を、以下のように報告して下さいました。「ウォーターレメディを飲み始めた次の日に、今までに無いくらい尿がたくさん出て、3日目には夜勤明けでもブーツがスポスポと簡単に入るようになりました。そして、人前で話すのもかなり大丈夫になりました。」

確かに3月にいらした時は、セッションの帰り際にも、ブーツを履く際に苦労されている様子が伺えましたが、今はそういう事がすっかり無くなったそうです。むくみの解消自体は決して珍しい事ではありませんが、8年間も悩んでいたというケースはあまり聞いた事が無かったので、1回で大幅な改善が見られたというのは、嬉しい報告でした。

2回目はトータルコースで行いましたが、初回との違いは、感情面が大幅に改善されていた事でした。おそらく、人前での緊張も足のむくみも、主な要因はメンタル面のトラウマ的影響にあったのだと思われます。実際には、ひとつの要因だけで何かが起こる事はないと思いますが、これくらい明確な変化が、ご本人の訴えからも測定結果からも見られると、「そこにポイントがあったのだ」と推察出来るのです。

ちなみに、6月末の時点でも調子は引き続き良いようで、感情も安定して過ごせているとの事でした。長年の経験から、足腰回りの循環の改善と気持ちの安定には密接な関係があるのを実感します。緊張しがちな方、むくみがちな方は、足腰の巡りを良くする上記の運動を、是非、試してみて頂ければと思います。もちろんウォーターレメディを併用すれば、改善はずっと速やかになると思います。

トラックバック

トラックバックURL
http://kibijin129.blog6.fc2.com/tb.php/88-be141078




Copyright ©ウォーターセラピーの現場から. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。