ウォーターセラピーの現場から

ウォーターセラピーは、問題解決の有効な手法の一つです。 ここでは、どのような問題がどう解決して行ったのか、実際にあった出来事を元にエピソード風にご紹介して行きます。尚、登場人物の名前は全て仮名です。


マスクをつけず鼻呼吸できる喜び

今年のスギ花粉シーズンが終わった頃、昨年末にセラピーを受けられた畑山さん(仮名)から、以下のような嬉しい報告がありました。ご本人の了解を得て、原文のまま掲載いたします。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
重度の花粉症から95%は治っているものの、
このお水を飲むと、症状が100%完治しますね。
試しに1、2日飲まないでいると、
目や喉、鼻の粘膜のどこかが痒くなり、
水を飲むとそれが収まる。

何度か繰り返して、
偶然ではないことを
小うるさい左脳も納得したようです(苦笑)。

来年またリピートしたいと思います。

春にマスクをつけず
鼻呼吸ができる。

その幸せを体感するために
30年以上も苦しんだのかぁと思うと、
私も相当マニアックだなと思います。

「水」の大切さに気づくことができた
経験でもありました。

ありがとうございました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

25年以上この仕事に携わって来た立場からすると、「当たり前」という所もあるのですが、自ら試し、観察するという姿勢はとても大切ですし、その上でこうした報告をして下さる方は少ないので、非常にありがたく思いました。と同時に「95%治っている」という点が気になったので、その背景を伺ってみたら、以下のような回答を下さいました。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
花粉症が治ったのは、
多分複合的な効果のように思います。

それには13の月の暦も含まれていると思いますし、
これまで出会った人や考え方に触れることで
私自身が変わったのかなと感じています。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

身体の変化というものは、やはり考え方や意識の変化と密接に繋がっているのでしょう。きっと、体験をシェアして下さった畑山さんには、さらに心地よい変化が訪れるのではないかと思います。

何でも、やってみない事には分かりませんが、ただむやみにあれこれやるばかりでは、その変化が何によって生じたのかが分からなくなってしまいます。そういう意味でも、「果たしてどうだろうか?」と検証する姿勢は、誰にとっても、やはり大切なのではないでしょか。

タグ : 花粉症 目のかゆみ マスクなし 

トラックバック

トラックバックURL
http://kibijin129.blog6.fc2.com/tb.php/83-dc973d9c




Copyright ©ウォーターセラピーの現場から. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad