ウォーターセラピーの現場から

ウォーターセラピーは、問題解決の有効な手法の一つです。 ここでは、どのような問題がどう解決して行ったのか、実際にあった出来事を元にエピソード風にご紹介して行きます。尚、登場人物の名前は全て仮名です。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラックバック

トラックバックURL
http://kibijin129.blog6.fc2.com/tb.php/82-4c6f99b2


花粉症の原因

花粉症対策レメディを上梓してほぼ、10年近くになってきました。
ホームページにも書いてますが、当初の花粉症対策のレメディに比べて現在のものは大きく進化しています。

その理由は花粉症の原因をいろいろと波動測定してきた結果によってある事象が浮き彫りになってきたからです。

花粉症の原因は、スギやヒノキ(秋にはブタクサ)等の花粉が鼻腔や眼の粘膜に付着することによる免疫系の過剰防御反応と考えられています。

更に最近では、大陸から飛来する黄砂やPM2.5の影響で花粉症がひどくなるケースも多いようです。更には、スマートフォンの普及による高周波の電磁波の影響で細胞の自己回復力が低下していることも要因の一つなのではないかと思われます。

ただ、心のありようが症状に影響があることが明らかになってきたことには驚きを隠せませんでした。波動測定すると「短気でいらいら」という項目に花粉症の人はよく反応します。

この結果から、花粉症によって眼の痒み鼻水、くしゃみが頻発することからそのような心的状態になるのだと考えていたのですが、実は、こういった感情そのものが花粉症を引き起こす一因となっていることが判明してきたのです。もちろん、症状が出ると感情が乱れるのですが、感情が乱れても症状が出やすくなるのです。

これは、まるで鶏と卵のどちらが先にあったのかという議論と似通っていますが、まさに花粉症を引き起こす一種の『場』が出来上がっているのだということなのです。

ということで、「花粉症」という「場」を成立させない正常な「場」に戻してやることができるのが『花粉症対策レメディ=ポラジー』ということになるのだと考えています。

過去の経験では、3シーズン継続飲用された方はほぼ症状が消えることも解ってきてますので、まだお試しでない方は是非今シーズンからはじめてみてはいかがでしょうか?

トラックバック

トラックバックURL
http://kibijin129.blog6.fc2.com/tb.php/82-4c6f99b2




Copyright ©ウォーターセラピーの現場から. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。