FC2ブログ

ウォーターセラピーの現場から

ウォーターセラピーは、問題解決の有効な手法の一つです。 ここでは、どのような問題がどう解決して行ったのか、実際にあった出来事を元にエピソード風にご紹介して行きます。尚、登場人物の名前は全て仮名です。


縁切りレメディ!

前回とは反対の物騒な題名ですみません。

昨秋、とても印象に残った例の報告です。
 
東大阪にお住まいの大野さんはパッと見た感じ、50代前半に見える位お洒落で素敵な奥様です。感性が豊かで、気の変化などを上手に捕らえ反映させることができ、交友関係も広く、たくさんのお友達を紹介いただいています。
 
いつものように、測定させて頂たくと、見た目にはとっても元気な方なのに、何故か結果がものすごく悪かったのです。バランスを崩していると言ったほうがしっくりくるのですが、とにかくあまりに乱れ方が大きいので、どこか体調が悪いのかなあと思い伺ってみました。

「お元気そうに見受けられますが、調子のお悪いところはどこかにおありでしょうか?」

「体調はそんなに悪くないのですが、実は人間関係が・・・」

ご本人の仰るには、ストーカーみたいなのに追い詰められて困っているとのことでした。 (といっても同性のお友達だそうです)




明るく屈託のないお人柄がにじみ出ているような方ですから、多少変なお知り合いでも受け入れられたのだろうと想像していましたら、実際には、勝手に人の家にまで上がり込んでしまう程の凄いストーカーだったようです。

確認の意味も含めて、感情面の「不満」「ショック」「わがまま」「苛立ち」などに思い当たる節があるかどうか、尋ねたところ、全く自分には当てはまらないとのことでした。しかし、そのストーカーのような人は、そのままそんな状態だと思うと仰るのです。
 
 
 
そこで、レメディを途中でお飲み頂く方法を試してみることにしました。
(これは測定時間が倍以上かかるので、新たに導入を検討しているものです。この方法は、その場において実際の感覚を味わってもらうという意味や、より深い情報を掘り起こすことで、セラピー全体の質を向上させる可能性があります。)
 
 
上記の、感情の項目と身体関連のアンバランスな項目を転写したレメディをお作りして、その場で飲んで頂きました。
 
 
一口飲んだ段階で、
 
 「えっ!?何これ??」
 
と、目を見張ってとても驚いておられるのです。どうされたのか伺ってみると、
 
 「まるで憑き物が取れたみたいにスーッとして、肩の辺りが突然軽くなりました。!」
 
と、状況を説明してくださいました。
 
 
 
過去に知り合いで実験したときにも、「パーソナル・レメディ」は味が変わるとか、温度が違って感じる、はたまた唾液腺のところがキュッとするなどの感想はありましたが、今回のように瞬間的に劇的に大きく変化したのは初めてでしたので、とても驚いたのを覚えています。
 
 
その後、お持ち帰り用のレメディをお渡し致しました。
 
 
約二週間位でご連絡を頂きました。
 
 
「実は、ストーカーが家から出て行ったのです。お水を飲み始めてすぐに変化があり穏やかになってきて、2、3日後には、家に帰るーと言って出て行ったのです。」
 
報告を伺い、この世は全体で一つなんだなぁとあらためて感じましたし、大野さんのエネルギー感応力の高さに驚かされました。
 
今回のレメディの目的は大野さん自身の心身エネルギーバランスの調整が目的で行いました。
しかしながら実際にはそれ以上の副次的な効果を産み出しました。前回とも関連しますが私達は実は一人一人が別々の存在なのではなく、深いところにおいて密接に繋がっているのだと、改めて認識させられました。
今回のようにウォーターセラピーを通じて学ばせていただくことに感謝いたします。


新春特別セミナー1 /24 の詳細はこちら。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

ありがとうございます。
ごめんなさい。
許してください。
愛しています。
 
「氣美人研究所☆スピリチュアル・ビューティ健康法」
 http://www.mag2.com/m/0000175462.html
「Happy シンクロ Days♪」
 http://www.mag2.com/m/0000184705.html
★スピリチュアル・マガジン『アネモネ』に連載中!
 自然と調和する暦「13の月の暦」についての記事を書いています。
 → http://www.amazon.co.jp/dp/B001GRRLNU/ref=nosim/?tag=addic-22
 

トラックバック

トラックバックURL
http://kibijin129.blog6.fc2.com/tb.php/8-f1b8e593




Copyright ©ウォーターセラピーの現場から. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad