ウォーターセラピーの現場から

ウォーターセラピーは、問題解決の有効な手法の一つです。 ここでは、どのような問題がどう解決して行ったのか、実際にあった出来事を元にエピソード風にご紹介して行きます。尚、登場人物の名前は全て仮名です。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラックバック

トラックバックURL
http://kibijin129.blog6.fc2.com/tb.php/69-f452cf8f


親とのコミュニケーション

友人の紹介で来られた内田さんは、「親とのやりとりが噛み合ずに疲れる」というのが主な相談内容でした。そういう目的で測定をしたこともあってか、反応したポイントは「孤立的」「わがまま」「不寛容」「臆病」「自己憐憫」など、感情面の記憶に関するものが殆どでした。

3ヵ月余り後に再び来所された時は、別なリクエストでいらしたので、私は最初、そのリクエストに関することを伺うのに専念して、前回の相談に関することはあえてお聞きしませんでした。結局、セッションの途中で、「そういえば、親とのコミュニケーションは大分良くなりました」と自ら様子を伝えて下さったので、やはり無意識下の感情的なわだかまりが強く関与していたのだな、と測定結果から導かれる見解に納得したのでした。

と同時に、私はあることを思い出していました。次から次に新しい問題を抱えて相談に来られる方に典型的な「ある特徴」についてです。そういう方は、「改善した点」「良くなった点」については、こちらが聞くまでは殆ど何も言わないのです。「レメディを飲んでいたのだから当たり前」と思われているのかもしれませんが、相談された側としては「悩んでいた事がその後どうなったのか」は、やはり気になるところです。

一方で、セラピーを上手に活用されていると感じる方(健康面に限らずご自分の様々な側面を成長させている方)は、「前のお水で腰が随分楽になって助かりました」「気分がものすごく軽やかになりました」等、最初に改善した点を伝えて下さるケースが殆どです。つまり、セラピストとのコミュニケーションの取り方の中にも、その方の状態が現れるのです。

そういう意味では、先にご登場頂いた内田さんは、既に全体のバランスがかなり戻って来ていると判断できます。前回自分が相談したことを忘れてしまう、もしくはそれを置き去りにして次の別なことに意識がくっついてしまうという方は、基本、「今」の「自分」のことにしか意識が向いていない状態にあると言えます。相談した相手を含む「他者」への視点が欠けていたり、問題が解決したことに対するありがたみを忘れてしまうのです。

つまり、次々に新しい問題が生じて相談に来られるケースというのは、「自分のことだけ考えている」という状態と深く関係しているのです。ある意味、常に問題点だけに目を向け、解決してしまったことはもう関係ないという姿勢こそが、新しい問題を生んでいるとも言えます。

時々、何か問題が無いと相談に来てはいけない、と勝手に思い込んでいる方も見受けられますが、ウォーターセラピーは、自分の中の可能性を広げたり、未病の段階でバランスを整えておくという活用方法こそが本来の姿ですから、無理して問題を探す必要はもちろんありません。ただ、「どうありたいのか」とか「何を目指しているのか」とかがハッキリしている方が、レメディを飲んだ時も、明確な変化を感じられるケースが多いのは確かです。

少し話が広がり過ぎましたが、コミュニケーションに関する問題は、一般に、感情面のレメディで解決することが多く、加えて「良き変化の方に"先に"注目する」という行為によっても、人は自らバランスを整えることが出来る、というのが今回のポイントでした。

トラックバック

トラックバックURL
http://kibijin129.blog6.fc2.com/tb.php/69-f452cf8f




Copyright ©ウォーターセラピーの現場から. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。