FC2ブログ

ウォーターセラピーの現場から

ウォーターセラピーは、問題解決の有効な手法の一つです。 ここでは、どのような問題がどう解決して行ったのか、実際にあった出来事を元にエピソード風にご紹介して行きます。尚、登場人物の名前は全て仮名です。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラックバック

トラックバックURL
http://kibijin129.blog6.fc2.com/tb.php/6-851c9dad


酵素風呂

二月に一度位の頻度で行っている横浜ナディアでのセッションは、結構な人数を続けて行うので、普段とは少し異なった面白い事に気付く事がよくあります。今日もそうした発見があったので、早速シェアしてみたいと思います。
 
数ヶ月前にセッションにお越し下さった方の測定をしていると、全体のバランスがとてもよく整っていたのと、そのバランスの良さにある種の特徴(長年の経験で感じられるものなので、何とも表現し難いのですが)が感じられたので、これはレメディーを飲み続けた上で、ヨガとか気功とか、何か身体を使って氣(エネルギー)の巡りを良くするような事もやられているのではないかと思って伺ってみると、別にそういう事はやっていないとの事。
 
ただ、最近、週1,2回酵素風呂に通うようになって、調子が良い感じがするとおっしゃられたので、それがこの結果にも反映されている可能性は十分ありうるな、と思えたのでした。実際、私自身、酵素風呂というものを体験したことがあって(随分前ですが)、その時、やはり氣の巡りが良くなる運動をした後の状況と、良く似た体感があったからです。その後、続けてご家族の方を測定させて頂いた時に、この思いはほぼ確信に近いものになりました。全く同じような印象の測定結果が出た上、やはり同じ頻度で酵素風呂に通っている事が分かったからです。
 
しかし、決定打となったのは、もうちょっと後に来られた別な常連のお客様のセッション中でした。この方は、ほぼ毎回に近い頻度でセラピーを受けられ、レメディを飲み続けられている方なのですが(なので普段から割とバランスは取れていらっしゃいます)、今回は、これまでの中でも、一番と言って良いくらいにバランスが取れていて、しかも、その様相が、先の酵素風呂のお二人とあまりにも似通っていたので、私は「もしかして酵素風呂とか入ってますか?」と質問しようとしたのです。
 
ところが、私がそう思うが否や、まるでテレパシーでも使ったかのように、「そういえば、最近、酵素風呂っていうのに入るようになって、昨日も行って来たばなりなんですよ」とおっしゃっられるではないですか!シンクロニシティ(&テレパシー)現象として、それだけでも十分興味深い話なのですが、私としては、BAという測定器で捉えられるある種の傾向が、酵素風呂との相関性を十分に感じさせるものであった事、そして、それに気付かせてくれるかのように、連続してそういう方がいらして、しかもその事を伝えて下さったという事に感動したのでした。
 
私は別に酵素風呂の宣伝マンではありませんが(それに酵素風呂と言っても色々なタイプがあるかもしれませんので、今回の結果だけで何かを言ってしまうのは少々危険ですが)、「多くの人にとって、かなり良いものである可能性は高い」くらいは、言っても良いように感じています。ただ、今回の3名は、いずれもレメディの飲用者であり、その状態でデトックス効果の高いと言われる酵素風呂に入った(しかも入ってから時間があまり経過していない)という条件には注意を払っておきたいと思います。
 
私がこの仕事を通じて行いたいのは、より本質的な意味での健康を、もっと多くの方に味わって頂きたいという事でもあるので、これまでも、良いと思えるものは、自分達の仕事や商売に関係なく薦めて来ましたし、これからもそうして行きたいと思っています。しかし、そのためには、常に客観的で偏りの無い視点を保つことを心掛ける必要があるとも感じています。BAは作為的な結果を出す事が不可能な機器であるため(手動式のものはそういう事がいくらでも可能なのです)、商品の売り込み用に使おうと考えている方には、あまり喜ばれないのですが(笑)、それだけに、何かを判断する際には、とても信頼できる相棒として活躍してくれるのです。(O)

トラックバック

トラックバックURL
http://kibijin129.blog6.fc2.com/tb.php/6-851c9dad




Copyright ©ウォーターセラピーの現場から. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。