FC2ブログ

ウォーターセラピーの現場から

ウォーターセラピーは、問題解決の有効な手法の一つです。 ここでは、どのような問題がどう解決して行ったのか、実際にあった出来事を元にエピソード風にご紹介して行きます。尚、登場人物の名前は全て仮名です。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラックバック

トラックバックURL
http://kibijin129.blog6.fc2.com/tb.php/54-0c142207


戻って来た指輪

石川さん(仮名)がセラピーを受けられたのは、5月の末のことでした。眠れない、食欲がない、漠然とした不安感…そんな状態が1年くらい前から続いているので何とかしたい、というのが最初のリクエストでした。

測定結果は、神経系とホルモンのエネルギーバランスに乱れがあることと、他者や場所のエネルギーを受けやすい状態にあることを示していました。後者については、ご本人も自覚があるようで、確かにそういう面でも困っている(人込みが駄目で街に出られなくなっている)ということを、測定後に明かしてくれました。

飲み始めてすぐに変化を感じられたことも手伝ったのか、かなり早いペースでお水を飲まれ、およそ3週間が経過した時点で再びセラピーを受けに来られました。報告して下さった変化は、以下のようなものでした。

・良く眠れるようになり、食欲も出てきた
・ぐるぐる考えているところから出るのが早くなった
・エネルギー的な影響を受けにくくなった
・そのおかげで街中に出かけて行くことも出来るようになった

つまり、ほぼ全ての問題がかなりのレベルで解決していたのです。しかし、私がより強い印象を受けたのは、2回目のセッション前日に起きた、ある象徴的な出来事についてでした。

石川さんは、ガーデニングが趣味で、もともと庭のことをやっていると自分自身を取り戻せる感覚があるのだそうですが、ここ暫くは、冒頭に列記したような状況で、ずっと気になりながらも、どうしても手をつけることができずにいたのだそうです。

ところが、セッションの前日、急に庭の雑草を全部とろうという気持ちが起きて、小雨の降る中、ひたすら作業を続け、大きなゴミ袋で8袋分くらいを一人で片付けたというのです。しかも、そのおかげで、随分前に無くして行方不明になっていたとても大切な指輪が、庭で見つかったらしいのです。

それも、普段通りの感じで雑草取りをしていたら見逃してしまうような地表面の草の下に。もし「徹底的にやろう」という気持ちでやっていなかったら、おそらく見つかってはいなかっただろう、ともおっしゃっていました。

また、少なくともご自身の記憶では、その指輪をして庭に出たこともなければ、ベランダから落とすような位置でもなかったとのことで、「どうしてあんな場所にあったのか不思議でなりません」とも言っておられました。

私は、この一連の出来事が、非常にシャーマニックで意味深いことだと感じられました。なぜなら、もともと石川さんご自身が、「自分を取り戻せる場所」、つまり、心の深い領域と繋がっている象徴的な場であるお庭で、大切なものを見つけるという体験をされたからです。しかもその日は、(仏教国では)特別な満月の日でもありました。

実際、石川さんも、その体験を通じて「自分のエネルギーが戻ってきた感じがした」とおっしゃっていて、単に「指輪が見つかって嬉しい」という以上のものを感じられていたようです。

レメディを飲むことで潜在意識のクリーニングが進み、その結果、まず庭(自分の心)をケアできる状態になり、その動きを見逃さずに活用したことで、大切なもの(本来の自分)を取り戻すことも出来た。セラピストとしての説明は、およそこのようになりますが、本当はもっと色々な事が多次元的に関わっているのかもしれません。

確かなことは、「現場では、不思議で深遠な変容のプロセスが、いつも起こっている」ということです。

トラックバック

トラックバックURL
http://kibijin129.blog6.fc2.com/tb.php/54-0c142207




Copyright ©ウォーターセラピーの現場から. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。