ウォーターセラピーの現場から

ウォーターセラピーは、問題解決の有効な手法の一つです。 ここでは、どのような問題がどう解決して行ったのか、実際にあった出来事を元にエピソード風にご紹介して行きます。尚、登場人物の名前は全て仮名です。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラックバック

トラックバックURL
http://kibijin129.blog6.fc2.com/tb.php/50-4c5fd42d


五十肩の改善

今回は、大阪市天王寺区の坂本さん(仮名)の報告です。 坂本さんは介護関係のお仕事に就いておられる40代半ばの女性です。

お年寄りの姿勢の入れ替えや、肉体的な労働が多い仕事だけに、ある日肩こりが酷くなり、針やマッサージなど何をしても軽減しない状態になってしまったそうです。ついには、肩が痛くて上がらない状態になり、限界を感じてセラピーに来られました。

詳しくお話を伺うと、お年寄りといってもかなりのご高齢の方が多いらしく、エネルギーを奪われるような感じがするということでした。

セラピーでは、基本項目と肩を含めた神経、筋肉などを分析させて頂きました。結果は、心配不安が、脳下垂体や視床下部といった恒常性調節機能の中枢に影響を与えているように出ていました。

持ち帰られたウォーターレメディを飲むことで、一週間程度で五十肩はきれいに消えてなくなったらしいのですが、ストレス解消も含めて心の安定性を保持する為にも、コピー水を飲み続けておられる様子です。

興味深かったのは、仕事で嫌なことが発生する日に限ってコピー水を飲み忘れていた日だったそうです。

トラックバック

トラックバックURL
http://kibijin129.blog6.fc2.com/tb.php/50-4c5fd42d




Copyright ©ウォーターセラピーの現場から. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。