FC2ブログ

ウォーターセラピーの現場から

ウォーターセラピーは、問題解決の有効な手法の一つです。 ここでは、どのような問題がどう解決して行ったのか、実際にあった出来事を元にエピソード風にご紹介して行きます。尚、登場人物の名前は全て仮名です。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラックバック

トラックバックURL
http://kibijin129.blog6.fc2.com/tb.php/46-a23c372f


女性のヒゲ

木村祐子さんが最初にセッションに来られたのは昨年の夏。外資系企業でバリバリ仕事をこなすキャリアウーマンで、当初の相談内容は、主に首・肩のコリや身体の中の詰まり感についてでした。お水を飲むに従ってそれらが楽になり、体調もすっきりするのを感じて下ったようで、およそ半年が経過した2月頃には、3本目のレメディをつくりに、セッションに来られていました。

ご自身の実感に加え、レメディの可能性がかなり幅広いことも知られたからか、この時は、それまで口にされていなかった別の相談も、もちかけられました。

「実は、ちょっと気になっていることがあるんです。数年前から、アゴの特定の場所にヒゲが生えて来て、何度抜いても同じところに生えて来るんです。それも、ちょっとした産毛とかではなくて、かなり太い毛がいつも2本生えて来るのです。こういう事も何とかなるのでしょうか?」

私は率直に答えました。「毛が思わぬところから生えて来て困る、というケースで女性から相談を受けたことは、過去少なくとも一度はありましたが、最終的にその問題が解決したのかどうかは追跡できていません。ただ、レメディを飲むことで生える場所が変わったりはしていたので、可能性はあると思います。」

実際、15年近くこういう仕事を続けていても、現場では未だに、初めてのケースというのが結構あるものなのです。そして、そういう時に私が言うことは、ほぼいつも決まっていて、「可能性はあります」となります。何故なら、「生涯その病気と付き合って行くしかない」と宣告された方が、全く普通に生活できるようになってしまうなど、常識的な見解とは異なる結果になるケースが実際にあるからです。

もちろん、「何でも必ず解決できます」ということではありませんが、「常識というのは意外と怪しいものだ」という経験は随分して来ました。従って、何か前例の無いケースに出会った場合は、「可能性はありますが、解決を約束できる訳ではありません」と答えるのが、私なりの誠意ある回答になるのです。

さて、結果として木村さんのヒゲは、この時作ったレメディを飲用して以降、一度も生えなくなり、その時から半年以上が経過した現時点(8月末に確認)でも、それは続いています。今、その時のデータを振り返って見ても、特別目立ったポイントがある訳ではないので、何がどう影響したのかはハッキリしませんが、おそらく、反応の見られた「毛」という項目と、いくつかのメンタル項目が、スイッチになったのではないかと思います。

今回のような内容の相談は、木村さんにとってだけではなく、多くの女性にとって、相談しにくいものだと思います。しかし、「本人の身体知(潜在意識)が答えを出す」というこのセラピーの性質上、「○○の問題について解決したい」という意図を明確にし、表明することは、問題解決の重要な要素になるということを、是非、皆様には知っておいて頂きたいと思います。

それから、「恥ずかしい」とか「変に思われるのでは・・・」とかの心配はご無用です。常識や先入観を捨ててセラピーの現場に臨むのが、私達の仕事だからです。木村さんが今回このケースのシェアを申し出て下さったのも、「私の体験が、何か言い難い問題を持つ方のお役に立てれば」というお気持ちからでした。過去の経験だとか、世間一般の常識などに縛られた意識で判断を下してしまう前に、まずは何でもご相談頂ければと思います。

トラックバック

トラックバックURL
http://kibijin129.blog6.fc2.com/tb.php/46-a23c372f




Copyright ©ウォーターセラピーの現場から. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。