ウォーターセラピーの現場から

ウォーターセラピーは、問題解決の有効な手法の一つです。 ここでは、どのような問題がどう解決して行ったのか、実際にあった出来事を元にエピソード風にご紹介して行きます。尚、登場人物の名前は全て仮名です。


ナッツと咳の関係

埼玉県にお住まいの柏原千津さんは、やたらと咳き込む状態が続いていたことで、相談に来られました。ご自分で注意深く観察された結果、どうも、ナッツ類(皮の渋みのあるやつ)を食べて2,3日すると、その症状が強く出る傾向があるとのこと。もともと花粉症などアレルギー体質的な傾向もあるようなので、全体のバランスの他、アレルギー関連の項目を中心にお調べしました。

また、これは滅多に取る方法ではないのですが、ナッツ類に関しては食品コードの中に割と沢山項目があったことを思い出して、念のため反応を探ってみることにもしました。ちなみに、普段、こうした項目を調べないのは、ひとつひとつの食品について対処するより、身体全体のバランスを整えることの方が優先であり、実際、それで殆どの場合は解決してしまうからです。

結果は、副腎皮質、気管支、グルタチオンなど、アレルギーや喘息的な症状と直結するような項目で反応が見られた他、ナッツ類の中では、特に「カシューナッツ」だけに反応が見られました。だからと言って、カシューナッツが原因だと言い切れる訳ではありませんし、最初のレメディだけで一気に解決が約束される訳でもないのですが、上記項目のエネルギーバランスを整えるレメディを飲めば、解決に向けて一歩前進するであろうことは、確信できました。

結果的に、およそ2ヵ月半くらい後にお越しになられた時には、すっかり状況が改善されていて、特にナッツ類への反応は完全に無くなったとのことでした。それ以降もお目にかかる度に様子を伺いましたが、初回のレメディ以降、ナッツ類での問題は一度も出ていないそうです。

柏原さんの場合、もともとそれ程激しい反応があった訳ではありませんが、過去にも、特定の食べ物で必ず湿疹が出ていた方などが解決したケースも数例はあります。もちろん、どの程度までの食物アレルギーに対応できるのかを、厳密に述べることはできませんが、全体のバランスが整うだけで、食品に対するアレルギーが軽減することもあるのだという話は、是非、皆さんにお伝えしておきたく、今回このエピソードをご紹介した次第です。(by O)

トラックバック

トラックバックURL
http://kibijin129.blog6.fc2.com/tb.php/43-4b3402e7




Copyright ©ウォーターセラピーの現場から. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad