FC2ブログ

ウォーターセラピーの現場から

ウォーターセラピーは、問題解決の有効な手法の一つです。 ここでは、どのような問題がどう解決して行ったのか、実際にあった出来事を元にエピソード風にご紹介して行きます。尚、登場人物の名前は全て仮名です。


心の成長

大阪市にお住まいの山本奈緒子さんは、シンクロニック・リーディングの時にプレゼントでもらったレメディ(現在はバースデースペシャルでオリジナルレメディを創る形に変更)を飲み、何となく良い感じがしたので、大阪でも受けてみたいと、来社されました。特別に体調が悪いわけでもないのですが、対人関係での悩みがあり、特に上司との人間関係改善を目的に来られました。

いつものように測定してみると、感情の項目の点数が平均的に低く、かなり意気消沈気味な状態であることが解りました。そのあたりをお話してみると、上司からの言葉がきつく、へこんでしまうような毎日が続いているとのことでした。

しかし、もっと深い部分には、自信のなさを表す「嫉妬心や偏見」と、その関連としての「自己嫌悪」がありました。他人の芝生の色を伺うのでなく、自分のできることにしっかりとした自信を持つこと、言い換えると自分軸をしっかりと立てるということになりますが、今が丁度、自己調整できるタイミングだと身体が教えてくれているのですとお伝えしたのです。

確かに、自信がなかったそうで、自分のことが大嫌いだったそうです。

変化はすぐに現れたそうです。 まず気分が晴れて明るくなったそうです。身体的にも、冷え症が治って、体重も約3kg減ったそうです。 一番大きな変化は、嫌だった上司のことが、全く気にならなくなったことだそうです。

副次的な効果としては、営業やお客さんとの人間関係も改善し、皆から大切に扱われるようになってきたらしいです。 レメディのお蔭か解りませんが、自然に人の扱いが上手くなったようで、会話のコツがつかめて、仕事上の初めての電話でも、上手に楽しんで対応できるようになったとの嬉しい報告を受けました。

さて、最近山本さんは、どうしても許せない人間が出てきたらしく再測定に来られました。この方は、同僚の女性らしいのですが、いわゆる「タカピー」らしく、とにかく上からものを言う性格でその態度が許せないのを何とか変えたいとのことでした。

今回出てきた結果は、頭の中心部分と電磁波の影響でした。どうも、身体の欲求は、自然の中に入り身体をアースして、頭の芯からリラックスしたい様子でした。感情面では、「抑圧」が大きく反応していて、思っていることを表に出せず、心に溜め込んでいたようです。

以上の結果説明と共に、胸襟を開き、寛大に捉えるために大人の考え方をするための方法を伝えました。高慢な態度をする人や、わがままを押し付けようとする人は、まるで自分の子供のように捉えてみると多少は許せるようになるものだということです。

山本さんは、レメディの飲用がきっかけで、自分が成長してきていることが実感できると仰ってくださり、是非ブログにも載せていただきたいということでしたので、書かせていただきました。 詳細なご報告をありがとうございました。(byA)

トラックバック

トラックバックURL
http://kibijin129.blog6.fc2.com/tb.php/36-82563453




Copyright ©ウォーターセラピーの現場から. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad