ウォーターセラピーの現場から

ウォーターセラピーは、問題解決の有効な手法の一つです。 ここでは、どのような問題がどう解決して行ったのか、実際にあった出来事を元にエピソード風にご紹介して行きます。尚、登場人物の名前は全て仮名です。


魂の声を聴く

私(青山)は「ウォーターセラピー」という波動療法を約20年強実践
しています。その中でクライアントから気付きを頂くことが多いのですが、
今春に頂いたものは大きな発見でした。それはひょんなことから受けたある
悩みに寄るものでした。

「ドカ食いを止められるお水って作れないですか?」
ある日このように訊ねられた私は、
「経験はないですが、たぶん大丈夫ですよ!」
とある種の確信を持って答えていました。その後、ウォーターレメディ
を飲むことで彼女のドカ食いは見事に治まってしまったのでした。

元々、「水と波動」の江本勝先生の下で働いていた私は、波動測定が
あらゆる事象に少なからず変化を与えることを目の当たりにしてきまし
た。中でも江本先生から学んだ波動測定法の一つに『12層測定』(人体
を取り巻く12層のエネルギーフィールドにおける波動の乱れを修正する
方法)というものがあり、心身の健康を阻害する波動がそのような12層
のエネルギー層にも存在することを教わったのでした。

この事は、波動測定の応用の広さを示すものだと直感したことを覚えて
いますし、そのお陰で多少の難しい相談にも物怖じせずに対処すること
ができるようになったのだと考えています。

従来の波動測定機器を用いて12層測定などの組み合わせ測定を行う事は、
非常に手間のかかる煩雑な作業を伴い時間がとても掛かっていました。
しかし、当社が開発したBA5シリーズにおいては、以下の二つの作業が
全自動で短時間に可能になり応用測定を簡単にしたのです。
・コード作成機能-特定の文言や、波動からコードを選定作成する機能
・ガイド測定機能-2~8個の項目と一般項目とを組合せて分析する機能
以上の機能を応用することで、次の利点につながったのです。

・原因などの関連が浮き彫りとなる
・修正コードの特定を行うことが可能
・深い原因を特定することができる

その結果、クライアントの悩みに沿った波動測定が可能となったのです。
具体的には、まずクライアントの解決したい悩みを言葉にします。この際
最も重要なのは本人が納得して腑に落ちるということです。オペレーター
(私)も本人が納得できるような言葉を探すのに手助けし、気持ちよく・
単純で明快な言葉を選びます。まさに『魂の声』を言葉にしていきます。

そして、BA5のコード作成機能でその言葉に対応する項目を特定するの
です。次に、コード化された「魂の声」をガイドとして、関連する項目や
原因情報を探っていきます。

以上の様にコード作成機能とガイド測定機能を組合わせて測定する事で、
悩みの原因や影響を特定し、従来の表層を測るだけの波動測定より深い
測定が可能となり、より効果的なウォーターレメディの提供が可能と
なってきたのです。

一方で、はしもと内科外科クリニック(大阪府摂津市)の橋本和哉院長
のご協力によって新たな項目についてもコード作成しました(*1)。
「ノルアドレナリン」などの脳内ホルモン、「ヘルペスウィルス」などの
ウィルス類、菌類、そして悪霊などの霊的な項目に至るまで多種多様な
ものです。この様に新たな項目を追加できるのもBA5のコード作成機能を
用いた特徴なのです。

新規測定法に行き着いたきっかけは、冒頭に書いた顧客の悩みがヒント
でしたが、江本先生の12層測定の知恵、橋本先生と作成した新コード、
BA5の新規機能が相まって、より精度の高い測定が可能となってきたよう
に考えられます。

この春以降は、折を見ては試験的にチャレンジを繰り返してきましたが、
著効例を幾つか箇条書きします。
・「尿漏れを治す情報」 → 頻尿が治り、尿漏れもほぼ治癒
・「帯状疱疹の痛みを消す情報」 → 発疹が消え痛みが消失
・「菌に対する抗生物質を体内で作り出す情報」→ 咳が止まる
このように従来のもの以上に効果的なレメディが提供できるようです。

更に、能力開発や人生の質を変革させる可能性も秘めていることが判って
きました。
・「直感を鋭くする情報」 → ひらめきに溢れてきた
・「平常心を保つ情報」  → 物事に動じなさすぎて困惑するほどに
なった
・「面白い事に集中できる情報」→周りの影響を受けなくなり自分の
やりたい事ができるようになった。
・「悩みを手放す為の情報」→ こだわりが減り執着しない様になってきた
などなど・・・

以上を総合して判断すると、“魂の声”を反映させる『言葉』から作成された
コードをもとに作成されたウォーターレメディは、魂レベルでの変化を与え
現実面が変わってくると推察されるのです。

(*1)BAユーザーの方でコードの詳細を知りたい方は info@willit.jp
にお問い合わせ下さい。
(*2)大阪(ウィリット)と東京(クリカ)のどちらでも同様の測定が
可能ですが、料金体系については一部異なりますので、直接下記リンク先
をご参照の上、担当者にご確認下さい。

※ウォーターセラピーの申込みについて
関西圏(大阪)
→ http://willit.jp/wp/?page_id=494
関東圏(東京)
→ http://www.kulika.com/ウォーターセラピー/


食欲不振の改善

木下くみさんの体験談です。彼女は吐気・胃腸のの不快感で、ご飯が食べられないという悩みを持っておられました。

ウォーターセラピーを受ける為にワンズオーラ(大阪梅田)に来店されました。来店時のお話では、食欲不振、少し食べるだけで吐き気が酷く、お医者さんに通われ薬を飲んでも全く改善されず、逆に悪化したそうです。

漢方の専門医にも見てもらったらしいのですが、変化はなく、どんどん体重が減少し、肌荒れ、毛髪の不調、など体調不良が酷かったのです。分析した結果は、彼女が一番心配していた、腫瘍項目には反応はありませんでした。

乱れが大きかったのは、幽門から十二指腸と胃の不調という項目でした。感情面では「懸念・気がかり」「心配・不安」というものでした。あまりにも、愁訴と合致した内容に驚きながら、ウォーターレメディを作ってお渡ししました。

1週間後に以下内容のお電話を頂きました。「セラピー当日の晩に食事前に飲んだところ、レメディに何かが入ってるのかと疑いたくなるくらい、甘く感じたのです。ご飯を食べてみたところ全く普通に食べられたのです。それ以降、不快感は全く消えてしまいました。普通の量を食べられるようになり、以前よりも美味しく食事できるようになりました。本当にありがとうございます。」

人間の体は自己修復力を持っています。そのことを信じられれば本来はいつも健康でいられるものです。しかし、現在の不調が、不安の心を生み出し、その心がまた不調に繋がるといった負のスパイラルが出来上がっていたのです。

病は気からの言葉どおり、やはり感情面の情報修正がエネルギーの変化を生み出したのだと思います。

つい先日木下さんから、3ヶ月が経過していますが、元気な状態の時より、更に調子が良くなり美味しくたくさん食べられるようになった、と嬉しい報告を頂きました。


  TopPage  



Copyright ©ウォーターセラピーの現場から. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad