ウォーターセラピーの現場から

ウォーターセラピーは、問題解決の有効な手法の一つです。 ここでは、どのような問題がどう解決して行ったのか、実際にあった出来事を元にエピソード風にご紹介して行きます。尚、登場人物の名前は全て仮名です。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


胃がんからの回復

井田さん(仮名・30代女性)から少々取り乱した感じの相談のメールが届いたのは昨年の初春でした。健康診断で胃にガンが発見されたというのです。抗がん剤や放射線治療は極力避けたいという希望もあって、セラピーにいらしたのですが、私は最初に以下のようなことをお伝えしました。

・まず複数の医師の意見を聞くこと(検査結果や治療方針について)
・その上で自分がどうしたいか決めること
・レメディだけで改善するケースもあれば、医学的治療(手術その他)と
併用することで回復力をかなり高められることもあること
・抗がん剤や放射線をやりながらでも、レメディを飲用していると副作用
   はかなり軽減できるケースがあること

特に身体に違和感を感じることもなく、ずっと健康体で通して来られた方が、健康診断でガンの可能性を指摘されたら、誰でもうろたえるでしょう。また、昨今は、ネット上にある(全てが役立つかどうかは別にして)豊富な情報によって、かえって不安を増大させてしまうケースもあるようです。

不安を極度に拡大させてしまった人は、いくつかの典型的な行動をとり始めます。ガンに効くと言われるものなら何でもやってみる、というのもそのひとつです。様々な健康食品やら治療法やらを、やたらめったらと試すのです。井田さんも、レメディをおつくりした直後は「海洋深層水やプロポリスに希釈しても良いでしょうか」等、飲み方の説明もどこかに吹き飛 んでしまったかのような質問を続けていました。

どのような治療法や食品を選ぶにしても、あれもこれもやるやり方だと、あまり良い経過を辿ることはないというのが、私の経験から言えることでしたので、「最終的にはご自分が決めることですが」という断りを入れつつ、「むやみにあれこれ手を出さずに、”これだ”と思えたものに絞ってしばらく継続してみた方がいいかもしれませんよ」とアドバイスをさせて頂きました。

その際、必ずしもウォータセラピー選ぶ必要は無いともお伝えしました。私たち自身は、もちろんウォーターセラピーに心からの信頼を寄せて仕事をしている訳ですが、クライアントさんにとってピンと来るものがもし他にあるのなら、そちらを選ぶ方が良いとも考えているからです。

数日後、「ウォーターレメディを飲み始めてまだ間もないですが 夜中一度も目覚めず 気づいたら朝!っていう睡眠が得られてます☆私にとってはすごい事!」というメールが届きました。レメディを飲み始めると睡眠が急に深くなるケースが良くありますが、その後、回復力が一気に高まるのを何度も見ているので、おそらく自律神経のバランスが安定し、毒素の排泄なども始まっているのだろうと理解しました。

ただ、井田さんの場合は年齢も若く、進行したり転移したりする可能性もあるということで、結局は手術で胃を半分摘出する事になりました。幸い、転移は全く認められず、抗がん剤などもやる必要はなかったようです。胃を半分摘出すると、当初は消化力がおちるので、やせる事が多いのだそうですが、術後も普通に食欲があり、殆ど体重が減る事もなかったとのことでした(それを残念がるくらい元気になっていました)。

それからしばらく音沙汰がなかったので、少し気になっていたのですが、1年くらいした頃に連絡があり、元気な姿でセラピーに来られました。手術後の回復も順調だったらしく、胃を半分摘出しただけで済んだことに対し、「生かされている」という思いを強くされ、感謝して日々を過ごしているとおっしゃっていました。

初期の頃こそ慌てていましたが、その後の判断と決意、行動の素早さ、そして感謝の気持ちが生み出した流れが、全体の経過に大きく影響したのではないかと思います。現代医学と代替医療のそれぞれの良さを、とてもバランスよく活用されたケースのひとつではないかと思います。
スポンサーサイト


  TopPage  



Copyright ©ウォーターセラピーの現場から. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。