ウォーターセラピーの現場から

ウォーターセラピーは、問題解決の有効な手法の一つです。 ここでは、どのような問題がどう解決して行ったのか、実際にあった出来事を元にエピソード風にご紹介して行きます。尚、登場人物の名前は全て仮名です。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


犬の怯えの解消

10歳になるチワワの「みうちゃん」は、生後数ヶ月で織田さんのお宅にやって来た頃から酷く怯えていて、トレーナーの方からも「この子は、先天的に何かあるみたいです」と伝えられていたとの事でした。

実際、ほぼ10年一緒に暮らしているにも関わらず、未だに眠るときは自分の小屋に入り込んで「うぅーーー」とご家族に向かって唸っていると言うのです。もちろん、家族以外の人物など論外で、とにかく吠えまくって近付かないし、散歩に行くと帰宅後はずっと怯えて小屋に引きこもってしまうらしいのです。

過去に似たようなケースのワンちゃんについて、何件か依頼された事はありましたが、ここまで極端なケースは初めてでした。しかも、犬の平均寿命を考えると、10年も同じ状態が続いていると言うのは、それが当たり前になってしまっていて、変化しにくい状況にあることを示しています。

ただ、動物たちはウォータレメディに極めて敏感に反応する事が多く、過去の類似ケースでは、何の改善も見られないというケースはひとつも無かったので、とにかく全体のバランスを見てみる事にしました。この時は、一緒に暮らしているご家族に直接いらしていただき、みうちゃんの写真を使って測定が行われました。

結果は、「気苦労・心配」「抑圧」「悲しみ」といったメンタル面の他、「大腸」などに反応が見られましたが、いずれも軽いもので、最も明確に反応が見られた「第4脳室」に鍵があるように思われました。何故なら、この項目は、波動測定の基本手法を開発された江本勝先生が、当初から「前世記憶と関係があるかもしれないポイント」とおっしゃっていた場所だったからです。

もちろん、動物達はどんな項目がお水に転写されているのか知りませんし、特定の一項目だけが影響するという訳でもないのですが、3日後に届いたメールには、「水の飲んだ日から嘘のようにうぅーーと威嚇しなくなり、家族みんなびっくりしてます」と書かれていました。それだけでなく、表情まで変わったとの事でした。

そこからさらに2週間ほど経過した時点で織田さんに様子を伺うと、日によって威嚇することはあっても、以前と比べたら全然様子が違っているそうで、「いつもキッとしていた目がとろーんとして穏やかになってます」と写真まで送ってくださいました。ご覧の通り、確かに測定時の写真とは全く雰囲気が違っていて、私も驚きました。

ビフォアー ★ウォーターレメディ引用前は常にこんな感じだったとか

アフター ★レメディ飲用後の表情

まだ、しばらく経過を見る必要はありますが、とにかく10年怯え続けて来た子に、少なからず変化がみられた事に、意味があると感じています。同時に、威嚇しまくったり怯えたりする動物には、ウォーターレメディが非常に効果的に働くことを、改めて実感した次第です。怯えの原因はストレスやトラウマなど色々あるかと思いますが、大切なのは、それを知る事よりも、実際に改善するかどうかだと、私は思うのです。
スポンサーサイト

タグ : ペット 対人恐怖 怯え 



  TopPage  



Copyright ©ウォーターセラピーの現場から. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。