ウォーターセラピーの現場から

ウォーターセラピーは、問題解決の有効な手法の一つです。 ここでは、どのような問題がどう解決して行ったのか、実際にあった出来事を元にエピソード風にご紹介して行きます。尚、登場人物の名前は全て仮名です。


四十肩

九州の石川さんからの相談内容は、四十肩で腕が痛くて上がらない、
というものでした。鍼灸に通っているとの事で、施術直後には多少マシ
になるものの、なかなか良くならないという事で、写真での測定依頼が
ありました。

測定結果は、腹腔神経叢、神経組織、神経支質、神経節などに慢性的な
不調和反応が見られ、自己憐憫、松果体、小内臓神経などに、ここ最近
のバランスの崩れが見られました。

症状が出ている首から肩にかけての神経や腕関係の神経などには、あま
り反応がなく、お腹まわりの神経や睡眠リズムに関するところ(いずれ
もチャクラと関係する)にポイントがあるように見受けられました。

実際、レメディを飲用し始めてから割と早い段階で痛みが軽減し、大幅
に症状が改善されたとのことでしたので、やはりそこにポイントがあっ
たのではないかと思います。

四十肩や五十肩にも色々なタイプがありますが、ひとつ言えるのは、
ホルモンバランスの変化期における体全体のシステム変更と関係があり
そうだ、という事です。

従って、その人にとっての変化のポイントが分かれば、そこをレメディ
で刺激することで、経過を速やかにできる可能性が高まります。おまけ
に書いておくと、四十肩、五十肩の場合、経過をより速やかにするには、
痛みがあっても動かし続けることです。

石川さんにも、レメディを引用しつつ、できるだけ動かすようお伝え
していました。痛いとどうしても動かすのを止めたくなりますが、
ギリギリ動かせるところまでは動かしておいた方が、経過はずっと
早いのです。これは、私が信頼している治療師の方もおっしゃっている
事です。

タグ : 四十肩 五十肩 



  TopPage  



Copyright ©ウォーターセラピーの現場から. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad