FC2ブログ

ウォーターセラピーの現場から

ウォーターセラピーは、問題解決の有効な手法の一つです。 ここでは、どのような問題がどう解決して行ったのか、実際にあった出来事を元にエピソード風にご紹介して行きます。尚、登場人物の名前は全て仮名です。


気持ちが安定し15mmの粉瘤も消失

2018年末に「粉瘤(ふんりゅう)」の相談でウォーターセラピーにいらした方がいた。どういう経緯でこのセラピーを知ったのかを聞いてみると、「ネットで色々検索していて【粉瘤(ふんりゅう)の消失】というブログ記事を見て」との事だった。

相談者・前野さん(仮名)からの具体的相談内容は、以下のようなものだった。
・もともとイボやできものが出来やすい体質(特に上半身)。
・これまで上半身の小さなイボは皮膚科で液体窒素で焼いたり、顔は美容皮膚科でレーザー治療したりした(高額だった)。
・2018年秋頃から、急激にイボや粉瘤が出来て、とても不安だった。
・特に粉瘤は初めてで2〜3ヶ月で急激に大きくなり、皮膚科で見てもらって粉瘤と診断された。
・大きさも約15mmくらいになっていて、切開して中身を取り出すのがベストだと医師から言われた。
・顔はとくに美容的にも辛く早く何とかしたいと、毎日治療法などネット検索の日々。
・もう美容皮膚科の高額な治療で一気にやっちゃおうかなぁと考えてたら、ブログに出会えた。

これらの状況をお聞きしながら、300項目余りの測定項目をセットしてBAで測定。結果は婦人科系にエネルギーバランスの乱れが多くみられ、霊的エネルギーに敏感な体質(経験上皮膚の症状とリンクする事が多い)である事を示していたが、最も印象に残ったのは、全体的にエネルギー過剰状態にあるという点だった。

ある面ちょっと珍しいくらいの反応で、おそらく秋ころから急にできものが増えた事と関係していると思われたが、逆に、これだけ反応があれば、レメディ(波動水)を飲んだ時に、かなりはっきりとした体感が得られるであろう事も予想できた。レメディの飲用法以外に、結果に基づく総合的なアドバイスをいくつかさせて頂き、この日は終了。

それから2ヶ月余りが経過した2月中旬に、「とても不思議ですが体調よくて感激してます!顎に出来ました大きな粉瘤が、消えました!!ビックリです。ありがとうございます!」というメッセージと共に、2回目のセッションの申込みがあった。その折、前野さんに詳しい経過をお聞きし、勘違いの無いよう確認をとってまとめたのが、今回の内容である。

前述【粉瘤(ふんりゅう)の消失】の奈良さん(仮名)のケースだと、1ヶ月後に手術が決まっている状態で、少しでも術後の経過が良いようにというご希望で水を創って、およそ2週間程度で変化を感じはじめ、結局手術前の検査では消えていて手術の必要が無くなったという流れだった。今回は前野さんご自身が、時々の印象や体感もそのまま文章化して下さったので、それをそのまま引用させて頂く事にする。

《まずお水自体がとても高波動で世界に1つだけの自分の為だけのお水だ!という「聖なるお水」感を私はものすごく感じまして、飲んで1週間頃これはなんか、いいかも、いいぞ⁉と。》

《2週間目には、あ、これは治るぞ!と確信に変わり、お水を飲むのが楽しみになりました。気がついたら顎の粉瘤が小さくなっており、一ヶ月目頃に本当に消えていました!!》

奈良さんとほぼ似たような経過を辿った事がわかる。念のため、粉瘤以外の変化についてはどうだったかも訪ねてみると、以下のように詳しく回答して下さった。

《体感的には、先ずメンタルでしょうか、情緒面から作用して、身体に作用していった気がします。本当に気分が良くなりますし、安定する感じです。色々考えてしまうところや、心で敏感に感じてしまい、心配や疲れイライラがありました。それがなんとなく、まぁいっかと‥思ったり。お水を飲んでリセットするような。》

2回目の測定時に、初回で最も気になっていた「エネルギー過剰状態」が大きく改善されていたので、やはり今回のケースでは、皮膚の状態とその状態がリンクしていた可能性が高いのだが、もう一段階整うと、より快適な心身を体感できると思う。

念のため書いておくが、このセラピーで相談事の全てが何でも解決する訳ではない。しかし、一般的には手術で切除するしかないと言われている「粉瘤」が1ヶ月程度で消滅したケースがあったのは事実である。そして、「一般的には」とされている事柄がセラピーで覆るケースを、私は四半世紀近く度々目にして来たのも事実である。

私は医師ではないので、診断や治療は一切出来ないし、そんな知識も持ち合わせてはいない。しかし、自然治癒力を高めるスイッチの入れ方については、実践的な研究を通じて深めて来ているので、心身に負担のかかるやり方やコストのかかるやり方とは違った道を探している方には、多少お役に立てるかと思う。世界の見方が一つではないように、心身に調和をもたらす手法も一つではないのである。

タグ : 粉瘤 



犬の心臓肥大と食欲の改善

12月初旬に、心臓肥大気味で元気の無くなったチワワ、くーちゃんの飼い主さんからの依頼でウォーターレメディを作成しました。ほぼ1ヶ月後の年明け1/8に嬉しい報告がありました。

「水を飲んでから初めての心臓の検査に行ってきました。左房の大きさが小さくなっていて、血液検査の値も減ってました!!先生も驚いていました!その後、すごく元気で食欲も旺盛です。」

動物の変化は顕著で劇的なケースが多いのですが、食欲などの目にみえる変化だけでなく、今回のように検査で具体的に数値が確認できるケースもしばしばあります。体調がそれだけ変化したら、数値も変化するのは当たり前ですが、獣医学的な指標を通じて飼い主さんが安心するのであれば、それも意味のあることだと思います。

くーちゃんは、もともと心臓弁が弱くて血液が逆流気味とのことでしたが、元気な時は食欲もあったようですから、やはり食べなくなってしまう時は、かなり調子が悪いということなのでしょう。

BA(バイオアナライザー)で数値が低めに出る項目は、エネルギー(氣)が滞っていて慢性的に働きが鈍っている傾向にある事を示しますが、12月の時点では「細胞核」「右心房」「毛細血管」などにそういう反応が見られました(直接「左心房」ではないところが興味深い点です)。

一方、数値が高めに出る項目は、過剰に働いているか、ここ最近、負荷がかかり続けている状況を意味しますが、「心臓組織」「自律神経系」などのほか「非常な恐怖」「罪の意識」という感情項目にも反応が見られました。もしかしたら、何か恐い思いをした事がきっかけとなって、調子をくずしてしまったのかもしれません。

飼い主さんがペットの相談に見えるのは、なるべく薬を飲ませたくないというケースか、動物病院にかかっても良くならず、原因不明で弱っていて心配だというケースのいずれかが多いのですが、レメディを飲ませるとたち所に調子が回復して、検査数値も改善するというパターンが多く、私自身いつも驚かされています。

定期的に通って来られている方以外は、私から経過を確認する事は無いのですが、劇的な改善が見られると、やはり自然と誰かに伝えたくなるようで、上記のようにご連絡いただくことがしばしばあります。

「野生に近い(エネルギーに敏感な)存在ほど、水(ウォーターレメディ)を通じた情報刺激に敏感に反応する」という経験則は、四半世紀近くこの仕事に携わって来た私が相談者の方からいただいた多くの連絡と、観察からもたらされたものですが、知り合いの治療家やヒーラーから耳にする話とも見事に合致するのです。

タグ : 心臓肥大 ペット 



受験対策水

受験シーズンになると、「集中力が保てるように」とか「体調を崩さないように」、あるいは「本番で力を出し切れるように」という意味で、「受験対策の水を作って欲しい」という依頼を受ける事があります。

もちろん、直接的な依頼者は受験生を持つ親御さんという事になるのですが、私たちはご本人の希望が無ければレメディは作成しない方針を取っているので、やはり受験生本人にも、少なからず同じようなリクエストがあるという事になります。

今のところ嬉しい報告しか聞いた覚えがありませんが、せっかくなので、例年測定して来て感じる点を、以下にメモしておきたいと思います。

まず、反応ポイントとして高い比率が見られるのは、やはりメンタル面だという事です。当日力を出し切れるか?体調を崩したりしないだろうか?ということも含め、受験に臨む立場としては、心が揺れる場面が多いのでしょう。反応ポイントに基づいでレメディを作成すると、実際に心も落ち着くようで、「普段通りの感じで臨めた」という感想をよくお聞きします。

もう一つは、首から背中にかけての神経系が反応する事が多いということです。受験生に限らず、デスクワークで集中を要する人のほとんどが、首肩の神経系のバランスを崩しています。簡単に言えば凝っているということです。

意識的に首や肩を動かすのも効果的ですが、無意識レベルの緊張までほぐすのは結構難しいものです。そういう時に、ウォーターレメディが役立ちます。レメディが行なっているのは、水を媒体とした情報による刺激で様々なレベルの詰まりを無くし、流れをよくする事なのです。

マッサージや運動では取り切れない凝りや詰まりが比較的簡単にほぐれるのは、我々の体の6割前後が水であることと無関係ではありません。ごく微細なものでも、適切な刺激があれば、コリや詰まりは解れる性質があるのです。

受験生の立場になれば、おそらく、お守りのような意味合いでレメディを活用している面が大きいのではないかと思いますが、飲む事で安心できる感覚が生じるのあれば、実際に役立っているという事になります。

「平常心で受験に臨みたい」と思う受験生と、そのご家族の希望があれば、喜んでサポートさせていただきますので、どうぞお気軽にご相談ください。

タグ : 心の安定 



パニック障害からの解放

Sさんは、電車も各停しか乗れないし車は地道しか運転できない。橋や高速
は絶対に走れないほどのパニック発作を持った30代後半の女性でした。
そこで、どんな時も安心して生活できる情報をデザインしました。

測定結果は、先祖因縁と水脈に反応がありました。より深く関連を測定して
いくと、母方祖母の霊、恨み、わがまま、腸内常在菌、中枢神経合成、フッ
化物毒素などに反応がありました。

結果を説明したところ、お祖母さんに可愛がってもらった事や、そのお祖母
さんが母親を虐めていた事、更にはお墓参りに行けていないご様子でした。
そして、神経系に影響を及ぼすフッ化物毒素や中枢神経はパニックと因果
関係があるのではと推測されました。

そこで、以上を含めたレメディを作成しお帰り頂いたのです。結果、三週間
ほどで変化が現れ、数年に及ぶパニックが消えて、電車での移動が可能なり、
車でどの道を通っても移動できるようになったとのことです。


スピリチュアルな感覚の開花

Tさんのお嬢さんSちゃんは、この春小学2年生になったばかり。3月の花粉シーズンに痒みで目が腫れてしまったとの相談を受けて、レメディを作成しました。それからひと月あまりが経過した頃、Tさんから以下のようなメールを頂きました。

「おかげさまで、目の腫れはずいぶん引き、お水を飲み始めて10日くらいで、風の日にメガネなしでもすごせるようになりました。目が腫れてしまうと本当につらそうにしておりましたので、心から感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました!!」

こうした報告をいただけるのは嬉しい限りですが、Tさんはレメディ飲用後のSちゃんに、以下のような興味深い変化があった事も書き添えて下さっていました。

・神社で神様?ご先祖様?の注意やアドバイスが聞こえる。
 曾祖父母たちは家族を交代で片時も目を離さず守ってくれている、
 いいことも悪いことも引き継ぎしあっている、など。
・学校に小人がいて(友達数人と目撃)、悪さしていたので懲らしめた。
・私の具合が悪い時、オーラの色を見て(オーラは以前から見えていた)、
「ママ気持ち悪いんでしょ?パワー分けてあげる!」と、パワーを分けて
 くれる。

最初に測定した時、Sちゃんがチャネラー体質である可能性が高いことを結果が示していたので、心身に現れる症状のいくつかは、そういうものに由来する事をお伝えしていたのですが(心配しなくて良いという意味で)、Tさんによると、やはり小さい頃からそういう感覚がSちゃんにはあったようです。

ただ、レメディを飲んだ事でスイッチが入ったのか、飲用以降、目に見えない存在の話をよくするようになったとのことで、上記報告から2ヶ月程経過した時点での様子を伺うと、以下のような回答がTさんから得られました。

・教室に最も近いトイレにて、トイレの花子さんに遭遇するようです。
 こわいと感じているようですが、特別実害もないようです。
・昨年他界した曾祖母ともお話しているようです。
 (宿題やりなさいと言われるそうです)
・食事中にふと、受精する前の精子時代?の激しい競争について話して
 くれたりもします。あの時は本当に疲れたよ~!と話していました。

子供だからということではなく、誰の話であってもそのまま全てを鵜呑みにする事はできませんが(無意識領域の世界は奥深く、テレビ番組の影響とか親を喜ばせたいという動機とかも無意識的に働くものだからです)、お母様であるTさんが「興味津々」と思えるくらいのリアリティをもってSちゃんが話をしているという所には、注目しています。

また、生まれもっての資質や年齢といった条件も考慮しなければなりませんが、レメディを飲用したことでそういう感覚が開き始めた可能性がある、という点も見逃せません。

長年の観察と経験から、スピリチュアルな感覚や能力は、人間に普遍的に備わっているものだというのが私の意見ですが、それが現実に役立つくらいに磨かれている人というのはあまり多くないとも感じています(ノイズみたいな雑多な情報もごちゃまぜに拾ってしまうケースが多いように思います)。

ですから、Sちゃんのそうした感覚が健全に育って行くことは、私としても楽しみであり、レメディを通じてそれを応援できれば嬉しいなとも思っているのです。




Copyright ©ウォーターセラピーの現場から. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad